仲間を見つけるには最適な環境、それは保証人や保証金が不要な寮付きの仕事!

寮を見れば企業の有り様が判断できます

住み込みの仕事(寮付きの仕事)は、正社員もあれば非正社員もあり、個室の寮もあれば相部屋の寮もあり様々です。寮と聞くと畳敷きの薄暗くて狭い印象を与えますが、不動産屋が貸し出している物件を寮にしている場合や賃貸物件と同じような設備を備えた寮を自社で所有している場合もあり、寮選びは就活の重要な条件になっています。社員を気に掛ける企業であれば寮を蔑ろにすることはなく、寮を見れば入社するまでもなく企業の有り様が判断できます。

寮生活は居心地が良い反面、リスクもあります

寮付きの仕事は、男性であれば期間工、女性であれば風俗業がメジャーですが、どちらも肉体的にも精神的にもハードな職種であり、一度足を踏み込むと抜け出せ辛い世界でもあります。非合法で抜け出せ辛いのではなく、同類の方が集まっているので居心地が良いからです。寮付きの仕事でも正社員であれば、万が一、怪我などのトラブルが生じた場合でも休業中の保障が受けられますが、非正規だと簡単に解雇され寮からも追い出されるリスクがあります。

人間関係が希薄になりつつある今日、寮生活は良い体験

寮があっても無料とは限りません。家賃・光熱費・交通費が必要で、その分を給料から引かれることもあります。賃貸物件を借りるとなると保証人や保証金が必要になり、入居できるかの審査もあります。しかし、入社ができる方であれば、これらが不要で寮に入れるので、誰にも頼らず生きたい方には寮付きの仕事は魅力的です。寮でも食事が出されると、買い出しや食事に出かける必要がないので、その分を休息や労働に充てられます。寮には同僚がいる場合もあり煩わしいと感じる方もいれば、家族を残して出稼ぎをしている方にとっては寂しさを紛らわすことができると感じる方もおり、人間関係が希薄になりつつある日本において寮生活も良い経験です。

寮の求人を見ると、人材流出や人材獲得の為に企業が豪華な寮をアピールしている企業もあります。寮とは思えないほど住み心地が良いので離職者を減らせます。また、会社から近い場所に寮が用意されています。