転職先の選択肢は広い!語学力が話せる英語での仕事

外資系企業への転職で英語能力を活かすチャンス

英語能力が活かせる転職先として、外資系企業からの求人案件に注目できます。外資系企業では社内で英語を用いる場合がよくあり、英語能力があれば採用される可能性がアップしますね。ただしビジネスで要求される英語力はレベルが高く、多少英語に自信があっても仕事を始めると戸惑うケースが珍しくありません。転職先の外資系企業の仕事で通用する英語力を身につけるため、ビジネス英会話が勉強できる講座は受講しておいた方が安心です。

観光業で求められている英語が話せる人材

英語が話せる人材が求められる分野に観光業が挙げられます。外国人観光客が日本で増え、英語で観光案内ができる人材が必要になりました。英語が堪能であることに加えて接客スキルも必要になるでしょう。一方で英語はそれぞれの国によって方言にクセがあるため、勉強した英語が必ずしもそのまま通用するとは限りません。ボディランゲージなども駆使しつつ、各国の英語の特徴を理解して観光の仕事に挑めば、接客時のコミュニケーションで戸惑わずに済みます。

英語ができると有利な電話オペレーターの仕事

英語のスキルに自信があるなら、電話オペレーターへの転職も選択肢の一つでしょう。海外とも取引がある企業では、英語で顧客への対応ができるスタッフを探しています。すでに日本人相手の電話オペレーターの仕事経験があれば、なお仕事では有利ですね。ただし電話オペレーターの仕事では直接相手の顔や仕草を確認することができません。コミュニケーションに役立つボディランゲージが使えないため、英語能力がさらに高度に必要になるでしょう。

グローバル化が必要とされる中で、英語の転職可能性は通訳や翻訳業務など、数多くの業種・企業にあります。