医師にもあった!アルバイトとして働くという選択肢

医師がバイトとして働くメリット

医師として働く上で、開業医となったり常勤として働くなど選択肢は様々ありますよね。そのなかで、医師免許を活かしてアルバイトとして働くメリットがあることはご存知でしょうか。常勤であれば当然、病院の都合に合わせた働き方が求められますがバイトであれば自分のライフスタイルに合った勤務を組むことが可能です。子育てや趣味など自由な時間を持つことが出来るので、働く上での選択肢の1つとしてバイトを選ぶ医師も増えているようです。

医師がバイトした場合の、職場の人間関係とは

医師がアルバイトとして働いた際、職場の人間関係はどのようなものになるのでしょうか。常勤で働く場合は、病院内での派閥がある所も少なくないなど対人関係で気を遣う場面も多いですよね。医師がバイトとして勤務する場合はシフトを自分で選ぶことが出来るなど自由度が高いので、必要以上に対人関係に気を遣うことは無さそうです。複数の病院を掛け持ちすることも出来、医師のバイトは時給も高い傾向にあるため自分に合った働き方を見つけ易いと言えるでしょう。

医師がバイトするにあたって気をつけたいこと

医師がバイトとして働くにあたって、常勤の際には必要無かった手続きが生まれることはご存知でしょうか。まず、健康保険や国民年金への加入を自分で行うことになります。退職後に備えて、個人年金に加入するなど自ら老後に備えることも重要ですね。自営業に従事する人と同じように確定申告をする必要があるので、忘れずに手続きをしましょう。源泉徴収で追加の納税が必要となる場合もあるので、すぐに引き出すことの出来る貯金を準備しておくことが大切です。

医師のバイトに関心を持つ方が増えています。とりわけ注目が集まっているのは産業医です。時給が高額ですから、短時間勤務でも満足度が高いバイトとして知られています。