仕事選びの参考に!子育てしやすい仕事の代表例をご紹介

看護師の仕事は比較的子育てしやすい

看護師に仕事は、割と子育てしやすいものだと言えるでしょう。看護師の中でも、大病院に勤務する場合には、さらに子育てがしやすくなりますね。というのも、看護師の世界は女性が中心で、出産や育児のことまで考えて労働システムが作り上げられているからです。大病院になればなるほど育休が取りやすくなりますし、最近は時短勤務制度も充実してきました。病院によっては託児所を持っているケースもありますし、他の仕事とは比べものにならない便利さがあります。

自宅勤務可能な自営業も子育てには向いている

最近は自宅で仕事をする人も増えてきました。自営業の中でも、パソコン一台あればできる仕事であれば、子育てをするのに困ることもないのではないでしょうか。たとえばプログラマーや翻訳業、ライター業務などは、パソコン一台あれば満足に仕事が進めていけます。外出する必要がないわけですから、小さい子供が家にいても、様子を見ながら仕事ができますね。時間に都合を付けやすいですから、子供がトラブルを起こした時にも対処はしやすいです。

アルバイトやパートも子育てはしやすい

ママさんなら、旦那の稼ぎにも期待ができますから、そう多くの月収を稼ぐ必要はないケースもあります。そうした場合には、アルバイトやパートを選ぶといいでしょう。アルバイトやパートは、シフト制になっているところが多く、時間のコントロールはしやすいです。子供を育てながらの仕事は、時間の都合が付けられるかどうかがポイントになりますが、アルバイトやパートならその点は完璧です。また、いつ辞めてもあまりダメージがないのもメリットでしょう。

主婦のパートで気になるのは106万の壁です。以前は社会保険に加入するポイントとして130万の壁がありましたが、2016年10月からは106万の壁になります。